« 現場から | トップページ | 日土 夏の学校 »

2012年8月11日 (土)

学科と製図

コノトコロハ検索ワードで、学科や基準点などでこちらに辿りつく方と製図で辿りつく方がいる。

同じ所へ辿りついているのだが、学科と製図の検索ワードの違いは大きいと思う。

書かれなくてもわかっているだろうが、今は製図の情報を集めることが先決。

気になっていることはわかるが、学科は結果を待つのみ。来年の学科の為なら話は別だが。

無駄な努力をしたくない人は、合格発表までは作図力をあげればいい。

3時間をきれるところまで持っていく。

その為にも自分はエスキスをどの精度まであげなければいけないのか

参考図面は何故このレイアウトになるのか

どうすれば早く漏れなく書けるのかなど、頭で考えながら目的を持って書く。

暴論だが、一級建築士試験はおそらく手書きの時代の設計士のための試験。

作図の準備期間は設けられていない。

一年で言えば学科は10ヶ月あるが、

製図は7月の課題発表から2ヶ月の準備期間で情報を集めて、

一日でたたき台を作ってねって感じで、エスキスと作図は出来るのが前提。

もうひとつ助言するなら、

ここよりもよっぽど有益な情報を出してくれてる所はあります。

自分に合った所を早く見つけて素直に読んで情報は疑って自分で確認することかな。

|

« 現場から | トップページ | 日土 夏の学校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学科と製図:

« 現場から | トップページ | 日土 夏の学校 »