« 松山へ | トップページ | 現場から »

2012年8月 5日 (日)

2012一級建築士製図のはじまり

今回は製図試験までを徒然なるままに。

いつものように 10割合格を宣言してスタート。

自分のことは不言実行型だが、

人のことは有言実行型で前向きに進めたい。

ちなみに昨年は7割合格です!

まずは歳の数は作図する(53枚はキツイだろうなぁ・苦笑)

合格発表までは エスキスよりも情報収集と2.5時間での作図と話す。

個人面談をするとエスキスの不安をよく聞くが、あたりまえと一蹴。

エスキスは行き成り出来るわけがないがないし、

現段階の問題はめちゃくちゃ簡単と話す。

音楽で喩えると楽譜の読み方がわからない人が作曲してるようなもので、

課題はドレミやカエルの歌程度。

だから楽譜を読めるようにと、きちんと演奏出来るようになるのが先だと説明。

日建は初年度向けには、本当によく出来ている。試験前には合格に手が届くようになる。

講義の進め方に少し僕なりの工夫して合格率を高めてる(つもり)。

あとは自分を信じて頑張るのみかなぁ。

|

« 松山へ | トップページ | 現場から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012一級建築士製図のはじまり:

« 松山へ | トップページ | 現場から »