« 山口建築巡礼(前) | トップページ | 現場から »

2012年7月25日 (水)

山口建築巡礼(後)

建築巡礼の朝は温泉で始まる、これ常識です(笑)開店まで時間があるので、仁保の道の駅へ(宮崎浩 設計)見たいと思っていたが、思っていた以上にスケールが大きい。奥にも同じ様な建築があるが、何かがおかしい気がする。気がするだけなのかパクリなのかどうなんだろう。

422

423

駐車場にある便所棟が一番いいなってマジマジと見る。温泉に入り、イタリアンレストランANCORAへ(三分一博志設計)。閉店してる。。。

424

塀で囲まれてるだけに殆ど見えない。昼食の予定も変更。昼食を食べて中原中也記念館へ(宮崎浩 設計)。こちらはスケール感がいい。街並みに対しての看板などのファサードは流石だが、大きく開けた外部空間は使われてなさそうに見える。続けてTAG(宮崎浩設計)を見て、ザビエル記念聖堂(ルイジ・レオニ設計)へ。このピロティによる浮遊感はいい。

425

426

427

そして今回の最大の目的 瑠璃光寺五重塔へ行く。ここは僕が学生時代にどういった経緯か忘れたが修士論文を書いた建築物。17年ぶりに訪れてみる。

428

五重塔は面影あるが周辺は、かなり整備されていて観光客も多い。あの頃は住職も珍しがってくれて色々と案内してくれたことを覚えている。そろそろ子供たちも建築巡礼に飽きてきたので町を離れることにする。

山口きらら博記念公園にでも行こうということになり南下。駐車場には、かなりの車。どうやら多目的ドームでモーターショーをしている様子。全員、まったく興味なし。ぐるりと一周して帰路につく。

429

少し走ると子供たちは暴睡。次回にしようと思った宇部へ向かう。

山口大学50周年記念館(岸和郎 設計)へ。97年に竣工した建物でアプローチの庭は生い茂っているが、建物は内外共にきれい。メンテナンスがよいというよりは、使用頻度が少ないのではないだろうか。と言っても、15年経過しても白を基調とした透明感のある建築がそこにあるのは素晴らしい。

430

ここまで来たならと海/フィルター(隈研吾 設計)まで足をのばす。

431

想像した通りのスケールで素材感もあり、いいなって思いながら夕陽の沈む方向へ進むと、この建物の裏があった。キャパ不足からか雑多なものが、丸見えなのが残念でならなかった。子供たちも目が覚めたようで海の夕陽に見とれている。

432

ちょうどいいので「ご飯でも食べて帰ろうか」「いや帰る」の即答に内心、ほっとして帰路につく。

|

« 山口建築巡礼(前) | トップページ | 現場から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山口建築巡礼(後):

« 山口建築巡礼(前) | トップページ | 現場から »