« 建築相談 | トップページ | 現場から »

2011年6月14日 (火)

初心忘るべからず

ハードディスクの整理を少しする。

独立して初めて設計させて頂いた住居の写真を見つける。

玄関部分のコンクリート打放し壁とトップライトの組合せ。

木造の住宅に独立したコンクリート壁を立て、

二階の居室はキャンチレバーで浮かしている。

360

ターンバックルによって構造壁と垂れ防止、柱の引き抜きの検討。

ガラスとコンクリート、木造部分のクリアランスに結露防止の対策。

経年変化に耐えうるよう、そして取替え可能にと考えられることを考え

詳細図と施工図を作成した記憶がよみがえってくる。

現在、玄関扉はオリジナルを使っているがこの時代は使っていないなど

色々と若いなと思うべきところがあり、少しは成長していることが分かる。

そして、この現場の図面を見て依頼を頂いたⅯ2-HOUSE。。。

縁、紡、結。こんな言葉が思い浮かぶ。

この住居が8年を迎える。

359

|

« 建築相談 | トップページ | 現場から »

コメント

なつかしですね!長井さんの作品をみせて頂き、いつも勉強させてもらっています。

投稿: seiyo | 2011年6月23日 (木) 23時01分

seiyoさん、
いつもありがとうございます。
僕も勉強させてもらってます。

投稿: 長井 | 2011年6月23日 (木) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176672/51946323

この記事へのトラックバック一覧です: 初心忘るべからず:

« 建築相談 | トップページ | 現場から »