« いちごふぇあinぐらんめ~る | トップページ | 総会の夜 »

2010年4月27日 (火)

こども環境学会2010

先週土曜日に間接的に招待され環境学会へ参加。

朝、7時の待合せ。朝が苦手な僕は早めに就寝しようと思ったが、

あるコンペの話題で話し込み遅くなる。彼の話は、いつも興味深く

僕の頭の中は、整理されたり揺さぶられたりする。

その日は、とてもいい天気でドライブ日和だが、

まったく頭が回転していない。

途中、コーヒーを飲んで、起きて二時間経った頃

ようやく皆んなの会話についていけるようになった。

10時講演開始、伊東豊雄氏が「けんちくとこども」と題して話す。

当初は子供たちが集まる予定だったらしいのだが、全く入っていない。

スライドを観ながら90分ほどの講演。話す内容は変更したと思うが、

子供たちに向けて、あのスライドでどんな内容になっていたのか興味がある。

昼食は学生に紹介してもらったお店で、お好み焼き。

昼からは「こどもたちの平和公園」と題した ワークショップ。

4m×7mくらいの敷地模型に街のシンボルとなる川や原爆ドームなどが置いてある。

273_2 

そこへ子供たちが作ってきた模型をそれぞれ発表し置いていく。

たくさんの人の前で自分の想いを発表するのは、とても緊張しただろう。

たぶん言いたいことの半分も言えてないと思う。それでも大したもの。

子供たちのプレゼンが、しばらく掛かりそうなので少し抜け出して

関連イベントの広島子供の家 展、それから平和祈念館へ。

今回は施設の見学に来たが、またじっくり時間をかけて内容を見に来たい。

274

275

足早に会場に戻ってみると、楽しそうな話声と面白そうな街づくりで盛り上がっている。

あの緊張はどこへやら。自分の持ってきた模型が友だちの手によって変化していく。

これをどんな風に感じてるんだろう。

出来上がった街を見回すとフォローに入った大学生の想いが

入りすぎてる作品もあったが、大振りなもの緻密なもの破壊系アート系など様々。

276

最後に感想を聞いて写真撮影。

自分たちが考えた建物によって街が出来ていくことの楽しさや

知らない人との想いの共有や協力が関わってるってことが

感じてもらえるといいのかなと思う。

また建築に関わっているボランティアの大学生、街に住む両親、

子供たちなど世代の交流も、このワークショップの大きな役割のひとつだと思う。

|

« いちごふぇあinぐらんめ~る | トップページ | 総会の夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こども環境学会2010:

« いちごふぇあinぐらんめ~る | トップページ | 総会の夜 »