« グランメール IN エミフルMASAKI | トップページ | 長井建築放送室vol.12 »

2009年6月14日 (日)

コノトコロハ

川沿いの家の建主さんから、

「今年はダイニングから蛍がたくさん見える。」と電話をもらう。

3日後に家族でお邪魔するが、「だいぶ減った。」とのこと。

それでも大きな川幅にたくさんの蛍が見える。

「いやこんなものじゃない。」とのこと。それでもたくさん。。。

帰りに昨年友人に教えてもらった場所に行ってみると、こちらも

昨年より多く光っていた。S氏のように上手く写真が撮れなかったので

UPは来年まで持ち越します。川の水がキレイになっていると思うと

お米もおいしくなると期待する。

次回のラヂオゲストの方が僕の建物を見てくれるということで

何軒か案内する。たまたま家に居られた建主さん達からの第一声は、

「髪伸びた!」と言われ「ラヂオしてるの知らなかった。」とつづく。

(この人達は、僕のブログをみてないと容易に推測できる・笑)

それでも住み心地には満足してもらえているようなので安心する。

ゲストの方にも「考えて丁寧に造っている」と言ってもらえて嬉しかった。

見てもらった建物は、一般的に使われる材料を使っているが、

大きな構成や細かな部分まで考えて気を遣っている。そして監督、

職人さんたちが丁寧に施工して造ってくれている。この言葉は、

僕だけでなく全ての関わった人への賛辞であることが嬉しい。

それにしても、このブログ誰が読んでくれてるのだろう。

「ほぼ日」じゃないですが、今日も読んでいただいてありがとうございます。

|

« グランメール IN エミフルMASAKI | トップページ | 長井建築放送室vol.12 »

コメント

こまめに見てますよ〜

投稿: tako | 2009年6月17日 (水) 17時10分

takoさん、
こまめに見て頂いてありがとうございます。
僕もこまめに見ています。

投稿: 長井 | 2009年6月17日 (水) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176672/45336054

この記事へのトラックバック一覧です: コノトコロハ:

« グランメール IN エミフルMASAKI | トップページ | 長井建築放送室vol.12 »