« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月28日 (火)

長井建築放送室vol.5

同じ内容の質問でも

まったく違った答えが返ってきてました。

あたりまえといえば、あたりまえなんですが。。。

最近読んだ本『磯崎新の「都庁」』の中に

岸田日出刀の言葉で

「建築とは何かという論議がなされるのは、

建築が芸術である証拠である。

もし建築が技術であるならば、

かくも多くの異論がおこるはずはなく、

明確な結論が用意されているはずだからである。」

と、ありました。

明日も、

礎建築工房 代表 越智保緒 氏です。

進行中のプロジェクト、港再生

2つのテーマに絞って熱く語ってもらいます。

   

エフエム ラヂオ バリバリ 78.9MHZ

長井建築放送室

毎週 水曜日 17:00~17:15

毎週 金曜日 07:30~07:45(再放送)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

sotosu的家つくり座談会を終えて

午前中の雨もなんとかあがり

14時を少し過ぎてから座談会。

簡単に作ったレジュメを村上君が

忙しい中、校正打ち出ししてくれて

ようやく間にあったものをメモ紙代わりに

皆さんに配って珈琲を頂きながらのスタート。

目次があると僕自身は、しゃべりやすく

お客さんたちも全体の流れとメモが

取りやすいように見え、よかったと思います。

時折、質問や思ったことなど会話もあって

思っていた以上に、のんびりとした雰囲気で

進み楽しかったです。終わってからすぐに

マイ箸つくりに進むのではなく、感想を聞かせて

頂き、思いのほか人それぞれ印象に残ることって

違うんだなと思いました。また機会があれば

こういう座談会やオープンハウスなどで、

もっともっと会話していけたらと思います。

さて、場所を変えてのマイ箸つくり。

僕は以前に手をつけていた箸を完成させて、

バターナイフに挑戦。

ご夫婦でマイ箸を作っていた奥様が、

菜箸を作られたので自分の箸が

無いようでしたから、僕の箸を旦那さんに

プレゼントしました。もちろん旦那さんが

作られた箸は奥様にプレゼント。

正直使いやすいかは疑問ですが、

デザインは気に入ってます。

箸袋とコースターをお土産に頂きました。

明日もマイ箸つくり開催してるので

ぜひ時間があれば足を運んでください。

また今日来てくださった方々ありがとうございます。

またお会いできることを楽しみにしています172173174

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

sotosu的家つくり-草案-

明後日にせまったsotosuの1周年祭。

なんとなく話す内容をまとめて

レジュメというか目次を作成。

お客さんにも渡してメモ代わりに使ってもらおう。

明日、地場産にある村上太 君の事務所で

簡単に校正してもらって打ち出す予定。

話す内容としては、いつも建主さんに話しする

この建物の細かいこだわり。機能的にも金額にも

ほとんど影響されない所で職人さんや監督さんに

気遣ってもらって頑張ったところなどを話してなかったな

と思って1年越しになりますがお伝えします。

また家つくりの参考になるように僕の設計のはじまり部分など

時間の許す限り、皆さんと話しが出来たらと思っています。

もくじ

1.はじめに

2.ルール

3.由来から

4.何がしたい?

5.窓

6.クギとビス

7.夏は暑く、冬は寒い。

8.それぞれの優先順位

9.おわりに

たぶん一通りしゃべって30分くらいだと思います。

明日は、子供たちは遠足です。

天気が良ければ僕も自転車で地場産に行ってみよう!171_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

続・駐車違反

朝、9時が回ってPCをたちあげて

メールのチェック。数件の開封確認をみてネットへ。

草なぎ君がわいせつで逮捕されたのをみて驚く。

どうやら酔っ払って全裸になったようだ。

彼も色々あるんだな~と思いながら、

愛媛県公安委員会をチェック。

早速、電話で駐車違反による弁明書について問い合わせ。

駐車違反の弁明は、車の名義変更が出来ていなかった場合などで

使うらしい。その他に急な病院に掛かって証明書などが

取れる場合に適用になる可能性があるようだ。

駐車違反をしようとしてしたわけでなく、時間が超過したことで

支払う金額があまりにも高額であるという論理(ぼったくり)が

通るわけないと思いながらも話してみる。案の定、相手にされない。

日頃、僕としても「悪気がないのは、怖い・たちが悪い」と思っているので、

ここが駐車違反になることを知らなかった、悪気がなかったと

主張するのもいささか抵抗はあるのだが。。。

また、パーキング・チケットについては周知不足なので

もっと大きく見やすく表示しておくべきだとも話してみるが、

「免許の交付時には、すべて知識として取得済みと認識している。」(道路交通法49条)

との回答。このあともしばらく ぼったくり論を展開してみました。

まぁ回答こそ冷たい返答だが、

聞けば納得は出来なくとも一応答えは返してくれました。

僕と話した人たちの中では、パーキング・チケットが

超過してしまうと駐車違反になることは

誰も知らなかったので、やっぱり、このことについては周知していくべきだと。

と、いうことでこのブログを見た人たちは、

「パーキング・チケットで時間超過すると

駐車違反で10,000円の違反金を支払わなければならない。」

って覚えておいてください。

電話を切った後に、もうひとつ気になったことがあった。

20:00以降は、駐車していいと認識しているがこれも思い込みかもと。。。

問題なく停められるそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

駐車違反

昨日のこと。

僕の車に婦人警官が二人。

「カプチーノ(愛車)のが好きなのかな?」

な~んて思ったりすることなく急いで

近寄ってみると

「駐車違反」とのこと。

パーキング・チケットは、

車内の窓に貼ってあり、

見ると終了時刻 15:44。

確認開始時刻 午後3時57分。

すでに13分オーバー。

キップには、午後3時59分。

15分は確実に超過。

一応、色々とお願いしてみるが、

案の定、冷たいお言葉でした。

少し時間があったのと警察署が、

近かったので違反金や点数のことを

聞きこうと小さな希望を持って向かう。

今治警察署の担当の方が、やさしく説明してくれました。

ここ大事です!

「駐車違反は、車の使用者に

放置車両として違反金が掛かります。

駐車違反をした運転者が警察に出頭するなどした場合は、

その運転者に

違反金の同額の納付命令と免許点数が付加されます。」

いわゆる駐車する人を見たわけではないということですね。

「今日は質問に来たということですね。(もちろんです)

違反について弁明があれば公安委員会に

弁明書を提出してください。」とのことでした。

これで気が治まればいいんですが、

治まるわけありません。会う人会う人にネタのように話して、

ある心情が沸いてきました。

「ぼったくりや!」

駐車場と思って200円払って駐車したら、

延長で10,000円取られた。

(パーキング外であれば、15,000円とも教えていただきました。)

弁明とは、辞書の中に言い訳という言葉もありましたので、

高い授業料10,000円を払うので、結論を求めて

先ほど公安委員会に言い訳の電話を掛けてみました。

長くなってたので、また夜につづきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

長井建築放送室vol.4

2週に渡ってのゲスト

大野順作さんは、いかがだったでしょうか?

明日は、二人目のゲスト。

礎建築工房 代表 越智保緒 氏です。

大野さんと同じ内容の質問で

トークは始まります。

エフエム ラヂオ バリバリ 78.9MHZ

長井建築放送室

毎週 水曜日 17:00~17:15

毎週 金曜日 07:30~07:45(再放送)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

朝型の話

以前に朝型にはなれませんと書きました。

今回は、この話。

いわゆる朝早く起きて活動するってことなんですが、

幾度となく挑戦しては3日坊主にもなれずに諦めています。

朝のヒラメキはホニャラララ・・・とか。

このヒラメキが欲しいと思って早起きしては、

3文の得にもなりゃしない。の繰り返し。

就寝前のヒラメキもたまにあるんですが、

これは本当にアテにならないことが多い。

でもそうこうしてるとふいに、ふっと落ちてくる快感があります。

これがめちゃくちゃ気持ちいい。爽快です。

「発明は99%の努力と1%のヒラメキ」とエジソンは言ってます。

発明じゃないですし、ニュアンスも違いますが、

まだ99%努力してないんだなと思いながら、

ヒラメキが落ちてくるのを願って

今日も頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

Sotosu的家作り座談会

Sotosuでの1周年祭の内容が決定しました。

僕の担当は、座談会。

Sotosu的家作り」と題して、

皆さんと色々お話出来ればと思っています。

時間は14:00から、どのくらいの時間になるか

まったくの未定です。

と、いうのも座談会と題したのには、

一人で話すのではなくて、話しの途中でお客さんに

どんどん話しに入ってきてもらいたいと思っています。

皆さんも何か話したいこと聞いてみたいことなど

考えて来てください。楽しくするのはアナタ次第(笑)

個人的な話、建築以外のこと何でも構いません。

その後、マイ箸作りにも参加しますんで、

気軽に声掛けてください。

追伸:箸袋は数量限定らしいので、予約しておくべきですよ。

Sotosuホームページ:http://www.sotosu.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

長井建築放送室vol.3

前回は、初めてゲストを

お迎えしてのトークと

今治の重鎮の大野さんということで

かなり緊張しました。

明日も、引き続きのゲスト

大野建築研究所 代表 大野順作 氏です。

大野さんの建築家像は?影響を受けた人は?

今治のまちなみ、みなと再生についてなど

15分濃厚です。

エフエム ラヂオ バリバリ 78.9MHZ

長井建築放送室

毎週 水曜日 17:00~17:15

毎週 金曜日 07:30~07:45(再放送)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

長井建築放送室vol.2

明日は、いよいよゲストをお迎えしてのラヂオです。

記念すべき第1回目のゲストは、

大野建築研究所 代表 大野順作 氏です。

収録前は、丹下健三の話で盛り上がり

収録後は、窓とディテールの話で盛り上がる。

このあたりの話は、とても15分では収まりません。

大野さんと話してみて意外な事が多かった。

ひとつは、とても饒舌な事。

僕の出番は、ほとんどありません(笑)。

エフエム ラヂオ バリバリ 78.9MHZ

長井建築放送室

毎週 水曜日 17:00~17:15

毎週 金曜日 07:30~07:45(再放送)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

Sotosu1周年祭

先日、Sotosuのhpにて1周年祭に

ご協力をとの記を発見。

何も力になれるあてなどなく、ただ

「協力します。」とメールを送り、店に顔を出す。

4月26日(日)にはaalto coffeeの庄野さんを

お迎えして出張カフェを計画中と聞く。

「26日は、友人の結婚式で来られないかも。

 庄野さんに会いたいなぁ。25日は来れます。」

そんな会話をしたような気がする。

Sotosuのhpを ふと見ると、

Mon.03.30.2009

1周年祭

4月25日(土曜日)
長井建築設計室 長井さんをお迎えして
楽しい企画を計画してます。
詳細は後日
4月26日(日曜日)
aalto coffee庄野さんをお迎えして
一日出張カフェ&「コーヒーの淹れかた教室」
を開催いたします。

と記されていた。

楽しい企画をただいま計画中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オープンスタジオ

この度、事務所の一部をWhite copseに移転します。

TRUNKe hair designの2Fが空室になったので、

オープンスタジオとして試用させてもらうことにしました。

前々から一度、自宅から離れたところでと思っていたので

僕にとっては、いい機会だと思いお願いしたところ

快諾してもらえました。

まずはお客さんにも気軽に見てもらえるので

相談、打合せのスペースとして考えています。

(以前から気軽に見させてもらっていますが・・・)

特に自分の設計したところで活動するっていう

経験が初めて出来るのが嬉しいですね。

※注 オープンスタジオって書いているのは響きが

よかったからであって、

これと言ったものは公開しておりません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

長井建築放送室 vol.1

昨日の長井建築放送室は、いかがだったでしょうか?

緊張して喉がカラカラになりながらの放送を

僕は、打合せへ向かう運転中の車の中で

聞いたのですが、(そうです。Liveではありません。)

あやうく事故りそうになりました(冷汗)

数人の方から励まし、お褒めの言葉を電話、メールで

頂きました。これを励みに これからも頑張ります。

笑い逃した方いやいや聞き逃した方は、

再放送 4月3日(金) 7:30~7:45 78.9MHZ

エフエム ラヂオ バリバリ 長井建築放送室

通勤中の方は、特に注意してください(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »