« 現場から | トップページ | Cherry-2 »

2008年5月16日 (金)

読書-OOSAKA-

昨日(14日)に何とか大阪の美容室がOPENしました。

今回も工程は、かなりタイトでしたが工務店の坂本さん

岸さん達の頑張りで調整は残ってますが引き渡しも出来ました。

完成写真を月末までにとは思っております。

落ち着きましたらWORKにも何件かUPしたいと

思ってますので、しばらくお待ちください。

大阪へは行きは船、帰りはバスと移動時間が長かったことで

往復すると小説が一冊終わります。こういうときは、

難しい本を読むより軽く読める小説に限りますね。

推理小説なんかも推理してません(笑)

何冊か紹介を。。。

1.「グラスホッパー」            ★★★★☆

2.「陽気なギャングが地球を回す」  ★★★★☆

3.「アヒルと鴨のコインロッカー」    ★★★★★

4.「オーデュボンの祈り」        ★★☆☆☆   以上、伊坂幸太郎

5.「ブルータスの心臓」         ★★★★★

6.「悪意」                  ★★★★☆

7.「どちらかが彼女を殺した」     ★★★☆☆

8.「誰かが彼女を殺した」        ★★★☆☆

9.「むかし僕が死んだ家」        ★★★★★   以上、東野圭吾

などなど、結構読んだなぁ。最初は東野圭吾さんだけでしたが、

伊坂幸太郎さんを奨められて読んでみると、

言い回しなどがツボにハマリました。

|

« 現場から | トップページ | Cherry-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書-OOSAKA-:

« 現場から | トップページ | Cherry-2 »