« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

東京-LE CORBUIER

「挽きたて~♪挽きたて~♪」

とついつい口ずさみ歩き

今回の目的、六本木ヒルズへ。

3階でチケットを購入して52階まで一気に昇る。

展望台を一周して、しばらく東京の街を眺め53階へ。

                                       

「ル・コルビュジェ展 建築とアート、その創造の軌跡」

死後41年経って、昨年フィルミニにサン・ピエール教会が竣工した。

そして今年は、コルビュジェ生誕120年にあたる。

サブテーマの通り、ル・コルビュジェの建築家、芸術家としての

業績の数々を10のセクションで構成し、建築、絵画、家具など

300点の作品を軌跡であらわした展覧会である。

今回、ル・コルビュジェのアトリエ、マルセイユ・ユニテのメゾネットタイプ、

カップ・マルタンの休暇小屋の実寸大に再現された空間を体感出来るのが、

一番の目玉だろう。実際、立ち入った時には残念ながら期待が大きかったことも

あり、感動はなかった。あたりまえだが、その建築の空気感などは

感じることが出来ず、作り物でしかなかったことが大きい。

それでも実際の寸法を目の当たりにすることで、今まで写真でイメージとして

持っていた大きさが再認識することが出来とてもよかった。

時間の都合もあり、足早に見たがそれでも3時間は掛かった。

1,500円は破格だと思ったが、2度訪れて3,000円が妥当なのかもしれない)

もうひとつのギャラリーでは西野達さんのインスタレーションがあり、現代アートとして

面白く軽いノリでいい感じだった。 よくわからないが 好き な部類です。

ル・コルビュジェは、偉大な建築家の一人ですね。

建築家の原点と捉える方も大勢居られます。

僕にとっては 夢 を与えてくれるひと。

いよいよ時間がなくなってきたので、

駆け足で代官山へ。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

東京-Ⅱ

9月13日(木)7:30起床。

まずは朝風呂で目を覚ます。

コーヒーを飲みながらテレビを観るが、

どこの局にも同じ顔が出て覇気のない口調で

語っている。朝一番にコレは見たくない。

「挽きたて~♪挽きたて~♪」

と朝から元気な大泉洋の方がよっぽど、いい。

頭の中で「挽きたて~♪」を連呼しながら

9時出発。

朝食に天婦羅うどんとおにぎりのセットで400円。

ひさびさの 早い!安い!上手い!

六本木東京ミッドタウンに到着する。

店内のデザインは、軽い感じのショッピングモールとは違い

シックな色使いと照明で構成されているように見えたが、

実際のところはよくわからない。

11時開店のため、しばらく散策。

ランドスケープ、21_21DESIGN SIGHT、サントリー美術館を

観て回り、11時開店と同時に地下へ。

とらや で珈琲を飲みながら店内を見渡す。

白を基調とした空間に素材感を吟味し、

和菓子の手作りと空間の仕上りをシンクロさせた構成のように感じた。

昨日のライカについては、同様にシンプルな空間構成であったが、

とらやに比べて素材の数は比にならず多かった。

吟味もさることながら様々な素材が複雑にぶつかり合う部分を

単純に見せていた。この辺を違和感なく簡単に表現できると

空間の質は格段にあがると思っている。

このふたつの空間デザインは、似て非なるものだと思う。

と書きながらも未だ「似て非なるもの」と扱っていいかもわからない。

といったところで閑話休題。

そうそう

ただ空間、和菓子、珈琲の質は高くても、

店員さんの応対の悪さで

朝食より高い600円超の珈琲は、

より高いものに感じてしまった。

ルシアンペラフィネ、SAYAなどを見て

今回の目的である森美術館へ。

(つづく)

余談ですが、僕は「イチローとNAKATA」は較べたくないと思っています。

「似て非なるもの」とズレるのかもしれませんが。。。9190_2

92   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

東京-Ⅰ

9月12日(水)5:30起床。

たった今終わったばかりのサッカー

日本対スイス戦のビデオを観ながら身支度する。

シーソーゲームを勝利したのを見届け空港へ。

初めてスキップサービスを使って搭乗口まで行く。

ETC同様に、とても便利。たまにしか使わなくとも

持つべきだろう。セキリュティチェックに毎度ながら、

ひっかかりつつも無事、東京へ。

。。。あいにくの空模様。。。

今回の目的は二日目においといて、まずは東京見学。

早速、銀座へ。雑誌で見たことのある建物が乱立している。

コンテクストもあったものではないと思うが、

この混沌とした街が僕は結構好きだ。

特に今日のような愚図ついた天気は、よく似合うと思う。

ミキモト、ライカ、スウォッチなど観て回る。

スウォッチでは、かの有名なブレゲのコレクション展が行われていた。

続いて上野、そして池袋と足早に行くが、

東京カテドラル教会の拝観時間には間に合わず外観のみ見学。

雨もあがり ガルバニウムに映る夕焼けが、とても美しかった。

疲れた足を引きずりながらも、原宿へ。

表参道ヒルズを筆頭に雑誌で見たことのある建物が乱立している。

コンセプトありきでつくられた建物を眺めるのは、

田舎から出てきた僕たちくらいなものかも。。。

ただ何かを創造しようとしたときに、コンテクスト・コンセプトなど

何かを手掛りに 「したいこと」 をイメージする。

そして人々の気持ちに意識にメッセージとして届くように思考したい。

この乱立した建物がどこか共通しているように思えたのは、

そのような部分を感じたからかもしれない。

宿となる「東京さぬき倶楽部」に着いたのは22時近くだった。

しかし前回の福岡の「東京第一ホテル福岡」といい

ネーミングは訳が分からない。荷物をおいてテレビを付けると、

こちらでも理由の解からない辞任会見が報道されていた。

疲れて動けなくなる前に、六本木の居酒屋で一次会。

建築鼎談(?)で盛り上がり、麻布十番のBARで二次会。

帰って風呂に入り、ジョージナカジマの椅子で涼み、三時就寝。

(つづく)87_288 89_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »