« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月26日 (木)

本日オープン

 以前にロゴを作成した大潮荘がリニューアルオープンしました。料理が美味いのは言うまでもなく、来島海峡を一望出来るということで県外の来客の時には、よく利用させてもらってました。その時から朝、目覚めてのこの景色は最高だろうと思ってましたが、念願かなって宿泊施設を完備してのリニューアル。(5/10までは、食事のみだそうです。詳しくは確認してみて下さい。)

注意:「長井建築設計室のホームページ見た」と言っても「キョトン」とされるだけです(笑)

□大潮荘  □愛媛県今治市小浦町2-5-1  □TEL0898-41-9537

□年中無休     平日am 11:00~pm 3:00

               pm 5:00~pm 9:00(ラストオーダーpm 8:00)

        土・日・祭 am 11:00~pm 9:00(ラストオーダーpm 8:00)

そして先日24日に内覧会があり行ってまいりました。

糸山公園を登りきり、少し下ると見えてくる大潮荘は、以前の建物を踏襲してあり景観は、さほど変わっていない。建物を通り過ぎ、下った所に専用の駐車場がある。そこから一度エレベーターで上り、ポーチへ。正面玄関を入ると、すぐにフロント。左手が客室・広間へのエレベーター、右手がレストランとなっている。レストランは座敷とテーブル席を用意してあり、内装も格式張らずにいて家族連れからも親しみが持てるように配慮している。ホールの隔てが少し高く感じたが、外への開放感と従業員の接客の徹底で気にはならないだろう。

客室を全て観ることは出来なかったが、和室・洋室を様々な大きさで用意してある。各室にゆったりとした浴室があり充分疲れがとれるだろう。話を聞くことは出来なかったが、集客層をビジネスマンと家族連れをうまく両立させて、他の宿泊とは差別化を図っているように思えた。朝、目覚めて来島海峡を一望しながら、ネクタイを締めて出掛けてみたいものだ。

64 66 65

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

景観考

 景観とは、つくられる景色と概ね理解しています。風景に対して美的な配慮を行うことで景観をつくると言えるのだと思いますが、主観的・客観的に通じていて非常に難しい。平成17年に景観法なるものが制定され、景観は規制されるものとなりましたが、景観という定義はなく あいまいです。そして法による規制もなく、各自治体(今治市は景観行政団体となっている)が行うようになっています。21世紀となり環境問題が非常に身近になりました。これは環境に対して支配するものから守るものへ方向転換する社会が表面化したものだと思っています。そうなると国ではなく世界へ共通性を求め、そして国ではなく地域へ依存する社会となってきています。この場合にも景観においては、発展、保存、再生などを自然、人間、社会の関係から捉えて考えると還元しにくい。現状は荒廃していて理想論をうち立てるのも難しいように思います。しかしある共通感覚(コモンセンス)によって進み始めているのも事実として捉えたい。そしてひとつの建築でも景観は変化すること、景観は人々の気持ちに、意識に影響を与えることを忘れてはならない。それが建築、景観に携わるものの責任だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

今治市まちなみ景観賞

昨年竣工したsalon & café(建物名をwhite copse、白い森にしました)がまちなみ賞に選ばれ今日、今治市役所で表彰を受けました。表彰では、施主・設計・施工の3者3組が市長から賞状と施主には表彰銘板を頂きました。市長からお言葉を頂いて、その後は記念撮影と約10分程度の 簡単な表彰式でした。良い機会なので、景観についてあらためて考えてみたいと思いました。(あらためるので次回に) そして、このような機会を与えてくれた森田さんご家族とサンコーハウスと建築にかかわった方々に感謝いたします。今回の受賞を励みに新たなプロジェクトに向かって進もうと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

ほぼ日手帳SPRING

毎年のことですが、年末に来年こそは手帳を使い切ろうと思うのです。実際使い切ったためしがなく、いつの間にか使わなくなる。それでも予定を忘れないようにと、自作の紙切れを財布に忍ばせて用を足していました。ちょっとしたメモなども書いていくうちに、その月ごとの紙切れは捨てられなくなり、翌月、翌々月とどんどん枚数は増えてボロボロに。。。年始に改良を加えようと色々と調べていくと、この「ほぼ日手帳」を発見しました。実際に実物を見てみないと思い切れないので、岡山へ行った際にLOFTで物色、1日1ページに時間軸とマス目は使いやすそう、それでいて文庫本サイズと気に入りました。しかも4月始まりもあることで今年度はコレでいってみます。3月分が2日1ページ付いていたので1ヶ月ほど使ってみたのですが、メモのスペースが少ない以外は上々です。今月からは、その不満も解消されるので一年間使い切れるでしょう、、、、たぶん。そのアカツキニは、カバーを革製にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »