2020年5月30日 (土)

テセウスの船から思うこと

テセウスの船というドラマを観て、漫画が元ネタということを知り、テセウスの船がパラドックスの一つということを知りました。ドラマは少々腑に落ちず、漫画のラストを立ち読みして漫画の方が腑に落ちました。。。っと、今回はそんな話ではなく、パラドックスの方に興味が沸きました。

これよりWikipediaから引用 「テセウスの船(テセウスのふね、英Ship of Theseus)はパラドックスの一つであり、テセウスのパラドックスとも呼ばれる。ある物体において、それを構成するパーツが全て置き換えられたとき、過去のそれと現在のそれは「同じそれ」だと言えるのか否か、という問題(同一性の問題)をさす。」これは数年前から関わってる建築の保存にも少し繋がっているなと思いながら、読み進めると、ブルタルコスという人が「全部の部品が置き換えられたとき、その船が同じものと言えるのか」という疑問を投げかけ、また「置き換えられた古い部品を集めて何とか別の船を組みたてた場合は、どちらがテセウスの船なのか」なんてことが書いてある。この場合、僕的には前者がテセウスの船であり、後者は「別の船」と書いてることからも別の船だと解釈します。

さて話を戻すと、テセウスの船の疑問に解答の試みがあり、「アリストテレスの四原因説」は、事象の原因を「形相因」・「質量因」・「目的因」・「動力因」の4つに分けて答えることができるとされているらしい。その先が他にもあるようですが、この辺りで建築の保存話に繋げると、「形相=外観」・「質量=素材」・「目的=用途」・「動力=設計者」と考えることが出来るんじゃないかと思いました。あと、「復元」と「復原」も一般的(?)な保存に出てくるのと少し解釈が違って整理してて、簡単に書くと「復元」は根拠があれば何でもいい。「復原」は現物が残っていて「復原」する四原因説でいえば「質量因」がはっきりしているもの。絵画なんかは、この辺りを成分・年代まで追いかけてると思います。「動力因」を設計者にしてますが、製法などをこちらに入れるか「質量因」に入れるか、、、まっ、あくまで個人的な整理ですが、保存改修として進めるには重要な所だと思いますし、議論すれば面白い所です。ちなみに製法についてはケースバイケースとして考えていかざるを得ないと思います。

保存についての個人的意見としては、オリジナルに戻すことを優先してもいいと思っています。もっと言えば、先述の四原因説を全て満たすべきだと思います。1つでも欠けると保存再生になり、優先順位などが発生変化します。僕自身は、保存より再生に興味がありますし、こちらを目指すべきだと思っています。昨年、文化財保存のシンポジウムに参加した際に「悪魔のささやき」と言ったいわゆる改変を良しとしないように聞こえました。オリジナル優先であれば納得できるのですが、生まれ変わろうとしている建築であれば、改変を良しとして建築的創造に向かうべきではないかと思っています。これを個人的に「天使のためいき」と名付け、溜息になるくらいなら悪魔のささやきにのっかっていきたいし、有意義で難しく挑戦的だと思っています。もちろん積極的に崩すのではなくオリジナルへのリスぺクトを持って再解釈し再構築していくことが文化財的な保存再生だと思います。ひとまずは、このあたりとして次に西条栄光教会の際に考えたことを述べたいと思います。

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

謹賀新年度

新年度が明けてからも2週間が経とうとしています。

こちらで何もしていないのに、思い出したかのように

「コノトコロハ」が更新されていないと言ってくれる人が、知るかぎり 4人います。

先週に1人から「壊れてる」と言われてしまいました。

FACEBOOKを更新するのに、たまにinstagramを更新するのに、

本当はコチラを大切にしたいのに、、、、手軽な方へと行ってしまいますね。

さて、世間はコロナで大変な状況で本当の意味での働き方改革 そして生活改革になりそうです。

コノトコロハというと、県外の仕事は残務を残しながら、

西条栄光幼稚園の開園が41日に何とか子ども園としてスタート出来ました。関係者の方々のおかげです。

見学会は、コロナの影響だけでなく現場の状況からも6月末を予定しています。

今後の状況にも依りますが、ご近所の方や卒園者の方、

知人などから見学会の声を聞きますので、ぜひ機を見て開催したいと思っています。

僕自身も「歴史を上手く繫げたか」皆さんの感想を聞いてみたいです。

そして、礼拝堂の工事へと繋げて行けるように頑張ります。

コノトコロハも引き続きお付き合いください。

 

531




| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

年末年始休暇のお知らせ

昨年の年末年始のお知らせで、年末年始は海外かなと書きました。

海外とは行きませんが、年末年始は東京で過ごすことになります。

高校三年生の息子がおかげさまで今治初のサッカー選手権に!

その応援ということで、、、29日~5日までお休み頂きます。

新年は、千葉の案件と幼稚園が竣工を迎えます。まだどちらも佳境の手前といったところです。

今年は、現場以外にも浦辺展のお手伝いや特殊な調査案件が多く、こちらは来年も続きます。

また、長いプロジェクトである西条栄光教会は、新しいステージへと向かっていくことになります。

それでは、皆さま この一年も お付き合い頂き有難うございます。

来年も 益々楽しめるように 努力しますので、お付き合いのほど よろしくお願いします。

よいお年をお迎えください。(長井信彦)

 

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

浦辺展

10月26日より倉敷のアイビースクエアにて浦辺鎮太郎の展覧会が開催されています。

この展覧会には、西条栄光教会の建築群も紹介されていて、

ワーキンググループで制作した構造模型も展示していただいています。

先日、模型の搬入の際に、他の模型を拝見し 学生の皆さんのレベルに驚き、

折角なら、僕らも一緒に、模型の制作を勉強できたのにと、少し残念に思った次第。

展覧会の内容と言えば、貴重な原図や手帳(これは本当にレア)も展示されていたり、

アンビルドな構想から、アイビースクエアの改修工事の映像などと、どれも貴重です。

また、写真撮影も可能なことも嬉しい。図録で予習していくのが、おススメです。

528_20191028123501

オープニングパーティにも参加させてもらい、浦辺鎮太郎の西条栄光教会・民藝館だけでなく

西条にある石井修の医王庵を担当したときの話や共通の知人の話が聞けたことは、

強い繋がりを感じた。この西条栄光教会に関わってからの数珠繋ぎは面白く、

今後もまだまだ繋がっていくことが楽しみでしかたない。

https://urabeten.jp/

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

現場から

愛媛県の一級建築士試験は、無事に終わったようです。

対応の判断が色々と言われていますが、人数が多くなればなるほど、

早い決断が望ましいようにも思います。

さて、あいかわらずこちらは、遅い告知で申し訳ないのですが、

西条栄光教会の建築群のひとつである西条栄光幼稚園の構造見学会を行います。

と、言っても新しい工法や新しい園舎ではなく、68年前の建築当初のトラスなどを見てもらいます。トラスとして少し変わっていて、解体して新たに、一部のトラスに整合性のある工夫が見れました。

また、当初は1819日(日曜日は礼拝がある為)の園児、保護者、マニア向け開催予定だったのですが、20日に同じお堀の中に愛媛民藝館のイベントを企画されてる方々から同時開催を提案いただき、教会の方々も日曜の午後の開催を決定されました。

僕も1820日は受付してますので、ぜひ足を運んでください。

ダウンロード - saijokozo.pdf

 

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

一級建築士試験2019

今年で、11回目の一級建築士製図試験の講師です。

留意事項に一つ一つをリンクさせて、無難なものを判断してください。

エスキスの前に、少し時間をかけるようにしてください。(長井)

| | コメント (0)

2018年12月31日 (月)

年末年始休暇のお知らせ

今年は、28日に千葉県での打合せがあり、来年の案件のひとつになります。

新年は、1月から〆切に追われると同時に昨年の残務の処理もあります。

ということで、例年以上に年末年始はバタバタしていますが、30日~6日までお休み頂きます。

こんなときだからこそ、理想を言えば23日の祝日から7日の七草粥くらいまで休んでみたいものです。

そうなると、やっぱり海外かなと、、、来年、目指してみます!

さて、コノトコロハ 建築と言っても幅広く関わることが出来てきたように思います。

また、長いプロジェクトにも関わってきたことで様々な方々と出会えました。まだまだ続きます。

来年も建築と言う軸はぶれることなく色々と関わっていけたらいいなと思っています。

それでは、皆さま この一年も お付き合い頂き有難うございます。

来年は 楽しいことが待ってますので、お付き合いのほど よろしくお願いします。

よいお年をお迎えください。(長井信彦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

現場から

今回は、文化財を目指した改修工事です。20157月に誘いを受け、浦辺鎮太郎という建築家が1951年に設計した西条栄光教会を保存再生グループとして調査を行い、20175月からは分離発注方式にて工事を行ってきました。分離発注方式は、今回が初めてではないのですが、今回は予算が厳しく見切り発車的な部分もあり出来ることはワーキンググループで行ってきました。そういった理由ということではありませんが、この牧師館の約一年半をかけておこなってきた工事もようやく教会の方々と共に笑顔で迎えることが出来ました。

急なお知らせですが、11/23(金)、24(土) お施主さまのご厚意で完成見学会を行います。

詳しくは「SAIJOEIKO.pdf」をダウンロード

ぜひ足を運んでください。天気がよければいいなあ。

527_2



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

一級建築士試験2018

今年で、10回目の一級建築士製図試験の講師です。

断面構成を考えた失格にならない平面防火計画。

どんな問題でも A  B C これに付きます。(長井)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月30日 (土)

コノトコロハ

西条栄光教会牧師館の工事が佳境を抜け出そうとしております。

先日、高知のヘリティジマネージャーの方々が見学に来てくださり、色々と意見交換を行いました。「建築的創造」と言った言葉がとても印象に残っています。

この建築がマニュアル化された保存一辺倒であれば、このような言葉は出てこなかったかと思います。「建築的創造」って言葉はワクワクしてきますね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«homifyの特集記事から思うこと